大貫 路子/友禅作家

着物、帯、帯留め、ポーチ、インテリアパネル ほか


慶應義塾大学文学部人文社会学科民族学考古学専攻卒
企業勤務を経て、大塚きもの・テキスタイル専門学校にて友禅染めを学ぶ
伝統工芸としての着物から日常使い出来る小物類まで幅広く制作活動を行う
日本伝統工芸染織展、東日本伝統工芸展、全国染織作品展等入選多数
2016年 東日本伝統工芸展  奨励賞受賞
十二月屋染物店 主宰

* * *

「着物を染めてみたい」という思いから手描き友禅の道へと進みました。
白生地に糊を置いて、筆を使って少しずつ染めていく友禅染め。真っ白な絹地を目の前にする度に、すっと背筋の伸びる感じがします。色を一挿しする毎に完成に近づいていく過程は、不思議と飽きる事がなく、毎回新鮮な驚きと喜びを私にもたらしてくれます。

図案も色も一から考え、染め上げる生地たちは我が子のような存在です。
ほっこり、にっこり、ゆったりとした可愛いものから、ほぅとため息の出るような美しいものまで。皆さんの生活にそっと一色添えられるような作品を作っていきたいと思っています。


VIVU LERTE 出品作品(10月~)